Header image alt text
-Top / 最後に

最後に

 

本サイトでは、博士後期課程はどのようなものか、進学にあたってどのようなメリット・デメリットがあるのか、をまずは広く知ってもらうことを目的に、できる限り実情に即した情報をお届けしてきました。博士課程進学を考えるにあたり、皆さんが金銭面、修了後の進路など不安を多く抱くことは当然のことと思います。金銭面に関しては、修士課程修了生と違って、博士課程進学後も自身で3年間学費を支払い続けなければなりません。もちろん、国や大学は十分な支援制度を整備していますが、修了後も一定期間、奨学金の返済義務が生じることがあるでしょう。また、産業界の一部では博士課程修了生を必ずしも特別視していないことも事実です。そのため、博士課程への進学を考える際は、このような現状を十分踏まえた上で、博士課程で自分は何をしたいのか、博士課程修了後、自分はどのようになりたいのか、をぼんやりとではなく、はっきりとイメージすることが大切と思います。その上で博士課程進学を決断し、無事修了することができれば、自分自身に返ってくるものは非常に大きなものになるに違いありません。

岩手大学工学研究科の先生方は、皆さん、博士課程進学を決めて、修了した方々です。もし分からないこと、進路について悩んだ時は、気軽に指導教員や周りの先生方に相談して下さい。きっと良いアドバイスが頂けるでしょう。博士後期課程進学を今後の進路の選択肢の一つとして一考してもらえるとうれしく思います。