Header image alt text
-Top / 博士課程に入学したら / フロンティア物質機能工学専攻 在学生

フロンティア物質機能工学専攻 在学生

博士後期課程に進もうと思った動機、きっかけは何ですか?

博士後期課程に進もうと思った動機は研究活動を行う中で、化学についてさらに深く研究、勉強したいと思ったからです。これを最も強く感じたのは、修士課程2年次に討論会で口頭発表したときに活気あふれる討論に触れた時でした。

博士入学の最終的な決め手は何ですか?

私はもともと研究が好きで、さらに勉強や研究に励み自分を高めたい。そして修了後は研究職に就き社会に貢献したいという気持ちがいろいろな不安要素よりも大きかったため進学をしました。

進学を決めた時期はいつ頃ですか?

学部生の時は博士後期課程に進学することは考えてもいませんでした。初めて進学を意識したのは研究室に配属された後や修士課程に進学した後です。修士課程では就活も行っており、進学と就職で迷っていましたが、修士課程2年次の9月頃に進学することを決めました。

日々の生活はどのようなものですか?

毎日朝から夜まで実験や文献調査など研究活動を行っています。私は実験が好きなのでとても充実した日々を過ごしています。研究活動をしていると生活が不規則になりがちですが、コアタイムを守り生活のリズムを崩さないように心掛けています。

研究のおもしろさは何ですか?

研究の面白いところは、自分で考え予測したことが実験で実際に見ることができ、それが新しい発明発見につながるというところです。研究活動を行っていると予想どおりになることは少なく、失敗が多いです。しかし、その失敗から仮説を立てて実験し、良い結果が得られるととても達成感があります。

学費、生活費はどのように工面していますか?

学費や生活費のお金の問題は博士後期課程進学において一番心配なこととだと思います。岩手大学では研究遂行協力員の制度があり、採用されると授業料の半額が免除となります。さらに授業料免除も同時に申請することができます。生活費等については奨学金を使って工面していく予定です。

就職活動はいつ頃から、具体的にどのように進める予定ですか?

就職活動はできるだけ早い時期からはじめたいと思っていて、3年次は就職活動に充てたいと考えています。修了後は自由応募で就職活動を行って研究職に就きたいと考えています。

博士後期課程へ実際に進学してみて、現在の心境を教えて下さい。

三年という短い時間の中で研究の成果を出し、論文発表を行うことは簡単なことではないと思うので少し焦りを感じています。また将来やお金の面に関しても不安なことが多いです。しかし、社会人とは違い学生という環境は自分を高めるために多くの時間を使うことができると思うのでこの時間を無駄にしないようにしたいと思います。

博士前期学生に何かメッセージを御願いします。

博士前期課程の学生の中にも博士後期課程に興味を持っている学生もいると思います。岩手大学には博士後期学生を支援するための制度もいくつかあり、進学しやすい環境であるとえます。さらに深く勉強や研究をして、修了後研究職に就き活躍したいと考えている人たちは、就職のほかに進学という選択肢を考えてみることを勧めます。