Header image alt text
-Top / 博士の種類について / 人材養成目的

人材養成目的

フロンティア物質機能工学専攻

フロンティア物質機能工学専攻は、博士前期課程の「フロンティア材料機能工学専攻」、「応用化学・生命工学専攻」、「金型・鋳造工学専攻」の関連分野を分野横断的に発展させ、さらに幅広く内容の豊富な物質機能工学に関する体系化された教育研究を推進する。「環境エネルギー」、「マテリアル創成」、「フロンティア化学」の3つの教育研究分野を柱として、学問分野を横断する共同研究を通し、学際的研究手法等を身に付け、国際的に活躍する研究者・高度専門技術者の養成を目的とする。

電気電子・情報システム工学専攻

電気電子・情報システム工学専攻は、電気・電子・通信・情報の分野に関して、博士前期課程で施された専門教育の上に、より専門性の高い科目を基礎から応用まで体系的に教授するとともに、指導教員による論文作成を通じた実践的な研究指導によって、研究開発マネジメント能力、課題探索・解決能力及び国際的通用性のある高度専門技術者や研究者の養成を目的とする。

機械・社会環境システム工学専攻

機械・社会環境システム工学専攻は、機械工学、社会基盤工学、環境福祉工学およびその関連分野において、21世紀のものづくりを担い、あるいは安全安心な社会及び環境の基盤を構築するため、高度な専門的知識や技能と課題探求能力・解決能力を修得させることにより、卓越した研究開発マネジメント能力や強い技術者倫理観を有し、創造力・独創性に富み、根幹的知的財産の発展的継承を担う、国・ロ的通用性のある高度専門技術者や研究者の養成を目的とする。

デザイン・メディア工学専攻

デザイン・メディア工学専攻は、ひとに優しい環境と文化的な生活空間に対する社会的ニーズを踏まえ、<環境、プロダクト、およびコンテンツ>のデザインに関わるデザイン工学とその基盤技術であるメディア工学,およびその融合分野において、高度な専門的知識や技能と課題探索・解決能力を修得させることにより、デザイン・メディア工学の多様な分野で活躍できる研究・開発能力を備えた、卓越した高度専門職業人や教育研究者の養成を目的とする。